まごいかせんべいのご紹介

海産物をお菓子に!日本で初めての発想が、明治14年から今も変わらず伝えられているのは、ひとえにその味わいの深さによるものです。明治の頃の宮古に想いを馳せながら、丁寧に焼き上げたいかせんべいをどうぞお召し上がり下さい。

いかせんべい製造工程

1.イカの煮出し(イカエキス)
時間はかかりますが、手を抜かずじっくりと煮出します。

2.いかせんべいの生地作り
イカの粉末と煮出し汁と小麦粉を混ぜ合わせます。
イカが口当たりソフトなお菓子に変身する瞬間です。
出来た生地は少し熟成させます。

3.生地の成型
生地を一枚一枚の大きさにしていきます。
イカが生まれ変わりました。

4.イカの焼き型による焼成作業
一枚一枚に想いを込めて、丁寧に焼いていきます。

5.粗熱を取る
料理と同じ、冷める時間がせんべいを美味しくします。
静かに冷まして旨みを綴じ込めます。
いかせんべい完成!です。
試食して頂けないのが本当に残念。
ほんのりした甘みの中にイカの香りがギュッと詰まっています。

6.袋詰め作業
自動包装機にせんべいを送り袋詰めします。

7.箱詰め・包装作業
ご家庭用からご贈答まで、用途に沿った包装を心がけます。
いかせんべい製造工程

工場の様子

煮出しづくり

煮出しづくり

生地の成型

生地の成型

焼成作業<

焼成作業

袋詰め作業

袋詰め作業

袋詰め作業

袋詰め作業

箱詰め・包装作業

箱詰め・包装作業

新発売! 「まる子と友蔵のまごいかせんべい」

まごいかせんべい×「ちびまる子ちゃん」

まごいかせんべい

まごいかせんべいは、三陸産の新鮮なスルメイカを原料に使用した、薄焼き・ミニサイズのいかせんべいです。
サクサクとやわらかい食感と、甘みの中からほのかに香るいかの味わいをお楽しみいただけます。
岩手県産の小麦粉と、地元・宮古の海からとれる『宮古の塩』、そして三陸産のスルメイカを使用しており、原材料も岩手県のものでこだわりました。

「まご」という言葉には、「小さくてかわいらしい」という意味と、「世代を越えて愛される」という意味が込められています。今回、2つの意味にぴったりのイメージを持つ『ちびまる子ちゃん』がコラボレーションしてくださいました。友蔵さんと「まご」のまる子ちゃんが、伝統の味を伝えます。

まごいかせんべい×「ちびまる子ちゃん」

当ホームページに掲載の文章・記事・写真・図などの無断転載を禁止します。
著作権は有限会社すがたに帰属します。

↑ページ上部へ

オフィシャルサイトへ

お問い合わせは

有限会社すがた

すがた店舗画像

住所:〒027-0021
岩手県宮古市藤原3-4-11

TEL:0193-71-2205 FAX:0193-71-2206

営業時間/8:00〜18:00
(土・日・祝日9:00~)
定休日/年中無休

ネットからのご注文・
お問い合わせは24時間受付

特定商取引法に関する表記

決済・送料について

通販ギフトそのまんま通販

ポータルサイトなびーる